10月 102012
 

楽しすぎる!iPhone 5でパノラマ撮影。縦でも横でも。

こんにちは。@PLATZです。

 

iOS 6の新機能「パノラマ撮影」を試すために、あちこちに出掛けてきました。

20121010_01.jpeg

「パノラマ撮影」とは、一枚の写真に収まらない広い範囲を、カメラを動かしながら撮影して一枚の画像に保存できる機能です。

これが楽しくて、何枚も撮ってきてしまいました!

まずは撮り方です


まず「カメラ」アプリを起動したら、画面上の「オプション」をタップし、次に「パノラマ」をタップするだけです。

あとは「カメラボタン」を押し、ゆっくりと矢印の方向にiPhoneを動かせばいいだけです

最大240°の範囲が撮影できるそうです。途中で終了させたい場合は、「完了」をタップしましょう。

気をつけること

  • 撮影中の矢印の中心がセンターラインから出ないように
  • 動きが早過ぎると、画面に「ゆっくり」と表示されます
  • 逆に動かしたり大きくずれると中断します
  • 横長の写真の場合は縦に、縦長の場合は横に持ちます

では、パノラマ写真をどうぞ!

20121010_02.JPG

(写真をクリックで拡大されます)


素晴らしい!

コツと言ったら、体をひねった状態から撮影を始めることでしょうか。足をズルズル動かしながら体を回転させると、中央から上下に結構動いてしまいますね。

もう一枚どうぞ!

今度は夜景で有名な湘南平の展望台からの眺めです。

20121010_03.JPG

(写真をクリックで拡大されます)


何て素敵な眺めなんでしょうか!

今までだったら何枚もの写真を撮らなければならなかったのに、一枚でこれだけの範囲が撮れてしまいます。 

縦にも挑戦してみました!

湘南平といったら、南京錠でも有名なテレビ塔です。恰好の被写体と思い、撮ってみました。

20121010_04.jpg

(写真をクリックで拡大されます)


む、無理です……!

立って撮ったのですが、後半は仰け反って背骨が折れるかと思いました!ただでさえ硬い体なのに……。

思わず、「完了」ボタンを押してしまいました。


そこで今度は地面に座って撮ってみました。

それが、こちらの写真です。 

20121010_05.jpg

(写真をクリックで拡大されます)


大成功!

テレビ塔がすべて入るどころか、背中側の地面までも撮れています。これを撮りたかったのです!

通常は縦方向でここまで撮る機会はないでしょうが、なかなか面白い写真に仕上がったのではないでしょうか。

ちなみに、よく見ると階段の所におじさんが写ってますね。

そうです……。
僕が背中を砂まみれにしながら何かを手に持って、突然寝っ転がっていくのを一部始終見ていたようです。

気づいてはいたのですが、男が一度始めた事を途中で止めるわけにはいきません!この生き様を見るがいい!という勢いで撮り続けました。

体を張った撮影に感銘を受けた方は、「Twitter」なり「Facebook」なり「はてなブックマーク」なり、リアクションをお願いします(笑)

こちらの記事もどうぞ

 

こんなにも違う!iPhone 4とiPhone 5のカメラ機能を比較してみました – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

iPhoneをセットするだけで簡単にパノラマ写真が撮れる!360度パノラマ撮影雲台 – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

 

 Leave a Reply

(必須)

(必須)