12月 312012
 

「iMac 27インチ(2012 late)オプションでFusion Drive」届いた!ムダに文字と写真の多い「開封の儀」後編

20121231_00.jpg

こんにちは。@PLATZです。

「iMac 21インチ(2012 late)オプションでFusion Drive)」が届きました〜!

早速、「開封の儀」をどうぞ〜!

と、その前に「前編」もよろしければどうぞ。

「iMac 27インチ(2012 late)オプションでFusion Drive」届いた!ムダに文字と写真の多い「開封の儀」前編 – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

「前編」を読んでくれた方、本当にすみません。

その後、午後1頃にヤマト運輸の方が雨の中を運んできてくれました。

ありがとう!ヤマト運輸の皆様!

 

今度こそ、本当に「開封の儀」です!

デカいです!

20121231_04.jpg

やっと来た〜〜〜!

という僕の喜びとはうらはらに、ヤマトのお兄さんは「何か大きいのが来ましたよ」と……。

「大きいの」って……。

中身が何かも知らずに運んでるんかい!

というツッコミはしませんでしたが……。

もちろん「精密機器」なので、キチンと扱ってくれました。

外箱から出しみよう!

20121231_05.jpg

外箱を開けて、上から見たところ。

「iMac」の大きな文字が!

20121231_06.jpg

本当にデカいです!

相変わらず、箱も美しい……。

20121231_07.jpg

横から見たところです。

27インチも少しだけ台形の箱に入っていました。

箱から出してみよう!

20121231_08.jpg

真上から取り出すのはさすがに無理があるという判断でしょう。

上のフタを開くと、全面が前に開くようになっていました。

20121231_09.jpg

上に被さっていた発泡スチロールの中に、キーボード、その他が入った箱が入っていました。

20121231_10.jpg

で、下の発砲スチロールの中には、電源ゲーブルが。

20121231_12.jpg

し、白いぞ!

全身白いiMacだ〜〜〜!

いえ、周りを薄い布で覆っているのです。

ご対面〜♪

20121231_13.jpg

一段と大きなアップルマーク!

設置したらほとんど拝むことがないので、今のうちにしっかり見ておきましょう。

スタンドの部分は、ビニールで保護されています。

ペリペリと剥がしましょう。

20121231_14.jpg

正面から見たところです。

デカい!

本当にデカい!

こうして見ると、画面の映り込みが本当に少ないですね。

僕の端正なお顔をお見せしたかったのですが……。

20121231_15.jpg

横から見たところです。

薄っす!!

メチャ、薄っす!!!

この角度から見ると、本当に薄くて、果たしてちゃんと起動するのか心配なくらいです。

以前のiMacの厚さがウソのようです。

いえ、あれでも十分薄いと思っていましたけどね。

20121231_16.jpg

真横から見たところです。

中央にしたがって、盛り上がっています。

僕の心も盛り上がっています。

この時始めて、「あ、そういえば光学ディスクがないんだ」とあらためて気づきました。

色々確認しよう!

20121231_17.jpg

左から

ヘッドフォンポート

  • ヘッドフォン出力/光デジタルオーディオ出力(ミニジャック)
  • Apple iPhoneマイク付きヘッドセットに対応

SDXCカードスロット

USB 3ポート× 4

Thunderboltポート x 2

  • Mini DisplayPort出力でDVI、VGA、デュアルリンクDVI接続に対応(アダプタは別売り)

10/100/1000BASE-TギガビットEthernet(RJ-45コネクタ)

USBポートが4つあるのが、非常にありがたいですね。

これで、USBハブが必要なくなりました。

ADカードスロットが裏面にあるのは、少し不便かもしれませんが、デザイン上ここに並べるしかなかったのでしょうね。

20121231_18.jpg

背面のメモリーの増設や交換のためのフタと電源ケーブルの差込口です。

20121231_19.jpg

このフタは、下の電源ケーブルの差込口にあるボタンをグッと押すと外れます。

電源を抜かないとメモリーの交換ができない仕様になっています。

さすがですねぇ。

指だと奥まで押し込めなかったので、マイナスドライバーを使いました。

メモリーは合計4枚まで増設できます。

27インチを選んだ理由の一つに、この自分でメモリーが増設できるという事でした。

21.5インチの場合は、このフタがないためほぼ不可能です。

現在はデフォルトのまま、4GBが2本刺さっています。

しばらくこのまま使って、不満が出てきたら増設しようかと思っています。

同梱品を見てみよう!

20121231_20.jpg

 

薄い箱の表面には、「Designed by Apple California」の文字が。

箱を開けてみました。

キーボードはビニールに、マウスは薄い布に入っていました。

20121231_21.jpg

箱の中には

  • クイックスタートガイド
  • 重要なお知らせ
  • PCリサイクルについて
  • ステッカー
  • キーボード
  • マウス
  • クロス

が入っていました。

同梱品は、それと電源ケーブルです。

机の上に置いてみた!

20121231_22.jpg

デカい!

何度も言いますが、本当にデカい!

床の上や机の上に置いた時点では、大きいねぇ……くらいの感想なのですが、こうして机の上に置いて椅子に座って対座すると、デカッ!!!!!!!!!!!!!という感じです。

「こんなデカいのが必要なのか!」
「知り合いのデザイナーさんの部屋で見た27インチよりデカくないか?」
「これでアダルトサイトを見た日にゃ、デカい……(略)」

冗談抜きで、あまりのデカさにしばらく笑いが止まりませんでしたよ!

腹が痛くなるくらい爆笑してましたよ!
本当にずっと爆笑していて、家の者が心配するくらいでした。

ひと通り設置した後、食事をして風呂に入ったのですが、部屋に戻って椅子に座ってまた爆笑!!

嬉しくて爆笑じゃないんです。
まぁ、そりゃ嬉しいんですけど……。

そのあまりのデカさに笑いが止まらなくなってしまったのです。

今でもこの記事を書きながら、あらためて笑いがこみ上げてくるくらいです。

あとがき

前編、後編と分けて書いた「開封の儀」はいかがだったでしょうか?
(まぁ、前編はちっとも「開封の儀」ではないのですが……)

無駄に多い写真や長い文章、お許し下さい。

まぁ、大晦日ですからね。

このブログを始めて約3ヶ月。

訪問してくれる方も少しずつ増えていってます。

これからもっともっと楽しめる記事を書いていきたいと思っていますので、来年も是非よろしくお願いします。

良いお年を〜♪

 

 

 

 Posted by at 5:11 PM  タグ:

 Leave a Reply

(必須)

(必須)