1月 172013
 

iTunes 11は「検索機能」も大幅に強化!テキスト入力と同時にリストアップ!ミニ・プレーヤーでも

20130117_01.jpeg

こんにちは。@PLATZです。

家で仕事中は、iTunesで音楽を楽しんでいます。

iTunes 11でデザインも一新され、様々な機能が強化されました。

iTunes11キター!iTunes Matchはないけど、いいね♪ – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

見た目以外で非常に魅力的になったのが「検索機能」です!

強化された検索機能

実際にやってみましょう。

まずは、iTunesを起ち上げます。

20130117_02.jpg

右上に「ライブラリを検索」と書かれた小窓があります。

検索したいテキストを入力します。

20130117_03.jpg

何という事でしょう!

入力し始めると、ライブラリ全体から検索結果がすぐに返されます。

サムネイル付きの小さなポップアップが表示されるようになっているのです。

ポップアップの検索結果には、アーティスト名アルバム名楽曲名、ついでにアプリまで含まれています。

その中からお目当ての項目を選択すれば、その項目をすぐに操作することができます。

テキストを入力した後に「return」キーを押せば、検索結果がウィンドウ内にズラリと並びます。

20130117_04.jpg

「great」で検索をかけたので、「アーティスト」「アルバム名」「楽曲名」「great」の文字が入っているものが全て表示されています。

ちなみに、検索窓の「虫めがねマーク」をクリックすると、「フィルタ」をかけられ、各項目の中から検索できます。

20130117_05.jpg

僕の場合は、かなりの曲で歌詞を登録してあるので、歌詞の一部分から検索できるとありがたいと思いました。

ミニ・プレーヤーでも検索

ミニ・プレーヤーでも検索ができるようになっています。

20130117_06.png

右端の「虫めがねアイコン」をクリックすると、同じようにライブラリ内の曲を検索できます。

20130117_07.jpg

何か他の作業をしている時などは、こちらが便利かもしれませんね。

オマケにこんな事も

検索窓に検索したいテキストを入力した後に、「option」キーを押しながら「return」を押してみましょう!

20130117_08.jpg

何と!「iTunes Store」での検索結果が表示されます!

あまり使う機会はないかも知れませんが……。

まとめ

検索をしている途中でサムネイル付きで現れ、テキスト入力を続けていくと次々に絞られていく様子を見るのが楽しいですね。

僕はかなりの楽曲数をiTunesに入れているため、お目当ての曲を探すにはとても便利です。

曲名などの一部しか覚えていなくてもアルバムジャケットは覚えていたりするので、サムネイル付きで表示されるのも非常にありがたい!

ますます便利になっていく「iTunes」、次のバージョンではどんな進化をしくれるのか楽しみです!

こちらの記事もどうぞ

iTunesで音楽を快適に楽しもう!イコライザを設定して「Perfect」に! – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

iTunesをジェスチャーで操作しよう!フリーソフト「Flutter」で仕事が捗る! – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

iTunes 11.0.1 「重複する項目」復活!「完全に重複する項目」も! – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

 

関連記事


 Leave a Reply

(必須)

(必須)