2月 202013
 

Evernote超初心者が少しずつ習得していく記録集【第7回】「inbox」を中心にした整理方法

 

フェローズ 703バンカーズBox A4ファイル用 黒 3枚パック 内箱 5段積重ね可能 対荷重30kg

こんにちは。@PLATZです。

前回は、「ノートブック」について書きました。

Evernote超初心者が少しずつ習得していく記録集【第6回】「ノートブック」とは – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

今回は超初心者の僕なりの整理方法を書いていきたいと思います。

とは言っても、Evernoteの中身はまだまだスッカスカですけどね(笑)

僕がEvernoteの超初心者としてあちこちで色々な記事を読んでいく中で、「inbox」という言葉に当たりました。

色々な方がこの「inbox」というものを活用してEvernoteを使っているようです。

今回はこの「inbox」というものを中心し、自分の整理方法を考えてみたいと思います。

ちなみに僕の環境は、OSはMac OS「Mountain Lion」、スマホはiPhone「iOS 6.1」です。

※2013年2月20日現在

「inbox」とは

Evernoteには「****のノートブック」と名付けられたデフォルトのノートブックがあります。

新しくノートを作成した時に何も指定しなければ、全てこのデフォルトのノートブックに収納されます。

まずは、このノートブックの名前を「Inbox」にしましょう。

左のサイドバーの「ノートブック」を選び「****のノートブック」の名称をクリックすれば、名前を変更できます。

20130220_01.jpg

「inbox」と書き換えましょう。

実は名前は、「受信箱」でも「とりあえず」でも「入口」でも、何でもいいんですけどね。

以上で、「inbox」の説明は終わりです!

というわけにはいきませんよね(笑)

マジメに解説しますと、Inboxとは「とりあえずここにノートブック」です。

あらかじめいくつかの「ノートブック」を作っておいても、いざ新しくノートを作った時に「このノートをどこに入れよう?」とか「該当するノートブックがないなぁ」とか考えてしましまいます。

そうなってしまうと、「あ〜!めんどくせ〜!」となってしまうと思うのですよ。

で、「inbox」です。

新しくノートを作った時、つまり何かしらのメモを取る時は、何も考えずにこの「inbox」に入れておけばいいのです。

とりあえず、整理整頓は後回しなのです!

最小限のノートブックの活用

★限定柄キャンパスノート5色パック A罫★【みずたま】

で、inboxの他に、「とりあえずの必要最小限のノートブック」を作っておきましょう。

僕があちこちを見た中から、Evernoteの達人たちが使い始めの頃に活用していた方法を参考に、いくつか考えてみました。

データの種類で分ける

web
text
photo
pdf
voice

見たままです。

データ形式で分けてしまえば、後で仕分けするときも見返す時に迷うことはないでしょう。

時間軸で分ける

past(日記や撮った写真、WEBで拾った画像など)

future(備忘録や計画、これから役に立ちそうな情報など)

記録やコレクションとしてとっておくものと、この先のために見返すようなもの、って感じでしょうか。

生活スタイルで分ける

work

private

blog

仕事でも使いたい方は、仕事とプライベートでザックリと分ければいいと思います。

僕の場合は、ブログを書くことが生活の中で大きな柱の一つとなっているのでノートブックを分けていますが、ここは大好きな趣味とかでもいいと思います。

いかがですか?

まず最初のうちは、「inbox」とあと3つ4つの「ノートブック」から始めれば良いと思います。

たくさんの「ノート」が溜まってくると、今ある数少ないノートブックでEvernoteを使っていくうちに、当然どこかで限界が来るでしょう。

その時にはもう、ある程度自分の中で整理方法が浮かんでくると思うので、その時に少しずつノートブックを増やせばいいと思います。

整理は暇な時に

自分なりの「ノートブック」がいくつかできたでしょうか?

とにかくとりあえず「inbox」に入れてしまいます。

一日一回、または時間がある時に、「inbox」から他のノートブックに仕分けましょう。

その時の理想は、「inbox」を空っぽにする事です。

あまりにもたくさんのノートをinboxに放置していると、どんどん増えて整理するのが面倒になってしまいますからね。

まとめ

1.デフォルトの「inbox」を作る。

2.最小限の「ノートブック」を作る。

3.気になった事はとりあえずすぐ「inbox」へ。

4.時間がある時に他のノートブックにノートを移し、「inbox」を空にする。

といったとこでしょうか。

超初心者の僕のように、慣れないうちは「どこに入れるか」ではなく「どれだけ手軽にEvernoteにノートをつっこむか」に集中したほうがいいでしょう。

どのノートブックに入れるか考えながらノートを書き込んでいたら、面倒で長続きしないと思います。

まずは、そういう事を考える前にとにかく習慣化してしまおうと思っています。

次回は、ネットを見てて気になったWEBサイトを保存する「WEBクリップ」について書いてみようと思っています。

余談……

ノートブック「idol」はどうした?というご質問が……。

他に聞くことがないのかい!という感じですが(笑)

あれは、あくまでもこの地味なブログにを添えるためだけに作ったんですよ〜!

ホントですよ〜!

というか、グラビアアイドルのセクシーショットなんぞは、Googleの画像検索をすれば山のように魅力的な写真が現れるじゃないですか!

Evernoteに何でも保存すればいいってわけじゃないのです!

Googleを利用した方が便利な事だってあるのです!

いや、ホントにそれぞれの便利な使い道があると言いたかったのですよ。

昔、かなりの枚数の画像を収集しまくって、結局一度も見返すことなく一気に削除した思い出があることは、ここだけの話です。

そういう経験を生かしてるだけなのです。

では、また会いましょう

こちらの記事もどうぞ

Evernote超初心者が少しずつ習得していく記録集【第1回】前置き、そしてEvernoteって何? – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

Mac版はこちらから

Evernote (無料)
(2013.02.20時点)
posted with ポチレバ

iPhoneアプリはこちらから

Evernote (無料)
(2013.02.20時点)
posted with ポチレバ

 Leave a Reply

(必須)

(必須)