2月 032013
 

メインブラウザをGoogle ChromeからApple Safariに移行しようかと検討中。Safariにするメリット色々。

20130203_00.jpg

こんにちは。@PLATZです。

ここ何年かはずっとGoogle Chromeをメインブラウザとして使ってきました。

しかし、色々と考えて、Safariに移行しようかと考えています。

Chromeを使っていた理由

20130203_01.jpg

今までChromeを使っていた主な理由はこちらです。

起動や表示が速い

以前のSafariは使っているうちにドンドン重くなってくように感じていました。

始めてChromeを使った時には、その起動や表示の速さに驚いたものです。

拡張機能が豊富

ブラウザに新しい機能を追加してくれる拡張機能が豊富にあります。

僕もいくつもの拡張機能を入れて、便利に使っています。

自宅と会社の同期が簡

Googleアカウントを作ってログインすれば、ブックマークやパスワードなどを同期する事ができます。

どのパソコンでも同じ環境でChromeが使えるというわけです。

ブックマークにファビコンが表示される

ブックマークした時などに、サイト名の頭に表示されるアイコンがファビコンです。

この理由、意外と大きいんですよねぇ。

ファビコンがちゃんと表示されていると、何となくですが信用できるサイトに思えるのです。

Safariに移行する理由

20130203_02.jpg

では、なぜSafariへの移行を考えているかというと……。

新しいiMacに買い替えた

昨年末にFusionドライブを積んだ27インチのiMacに買い替えました。

「iMac 27インチ(2012 late)オプションでFusion Drive」届いた!ムダに文字と写真の多い「開封の儀」前編 – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

これがまぁ、速い速い!

どんなアプリケーションソフトも一瞬で起ち上がります。

これで起動に関しては、Safariでもまったく問題ないと思いました。

会社を辞めた

20130203_03.jpeg

イヤ!そんな理由じゃないから!(笑)

会社を辞めた事によって、自分で長時間使うパソコンが自宅のものだけになりました。

古いiMacは家族共用のモノになったので、同期の必要性がなくなったのですよ。

むしろ、同期させちゃうと色々とゴニョゴニョ……。

速くなりメモリーの使用量が少ないらしい

Mac主要ブラウザのスピード対決!(Chrome 22、Firefox 15、Safari 6、Opera 12.02) : ライフハッカー[日本版]

去年の10月のこちらの記事を読むと、圧倒的にメモリの使用量が少ないみたいです。

最新のOSXに最適化されているのでしょう。

Adobe関連のソフトをいくつも起ち上げて仕事をしていたりするので、これはありがたいです。

今現在のメモリの搭載量はデフォルトの8GBのままですしね。

iCloudでの同期が便利

20130203_04.jpeg

僕は他のアプリとの連携がしやすいこともあって、iPhoneのメインブラウザはSafariにしてあります。

連絡先やカレンダーなどをiCloudを利用してiPhoneとiMacを同期させているので、MacのメインブラウザもSafariにすることでより便利に使えるのではないかと。

ブックマークタブもそのまま表示されますしね。

アドレスバーで検索ができるようになった

20130203_05.jpeg

以前のバージョンのSafariは、アドレスを表示するバーとは別に「検索」のための窓がありました。

Chromeに慣れてしまっていると、ついついアドレスバーに検索する言葉を打ち込んでしまうんですよね。

現在のSafariは、アドレスバーに直接キーワードを入れて検索することができます。

ユーザーエージェント

20130203_06.jpg

ユーザーエージェントとは、パソコンからWebサイトのサーバに送るデータの一種です。

Webサーバに「このページを閲覧したいから送ってください」と要求するのと同時に、「このブラウザを使用しています」という情報も追加して送ります。

それを判断してサーバはブラウザの種類を判断するのですが、例えば、ユーザーエージェントに「インターネットエクスプローラーを使っています」という情報に変更して送ると、インターネットエクスプローラーに対応したサイトを強引に閲覧することができるのです。

もちろん、完全に再現できるわけではありませんが、参考にはなります。

最近はWEB制作の仕事などもしているので、非常にありがたい機能です。

Safariでユーザーエージェントを変更する方法です。

Safariの「環境設定」を開き、「詳細」の中の「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れれば、メニューバーに「開発」が現れます。

「iPhone」や「IE」、「Chrome」などにも偽装できます。

Safariには前から標準でついていた機能らしいのですが、勉強不足で最近まで知りませんでした。

まとめ

こうして色々と調べてみると、もしかしたらSafariのほうがいいんじゃないかと思ってきちゃいますよね。

しかし、長年使ってきたものに慣れてしまうと、どうしても腰が重たくなるのも事実です。

「拡張機能」など、Chromeで今まで便利に使っていたものが果たしてSafariにあるのか……などの不安もありますしね。

これからまだまだ調べなくてはいけない事があるので、すぐにSafariに移行できるわけではないのですが、色々と調べながら報告していければと思っています。

次回は、ブックマークの移行について書こうと書きますので、お楽しみに。

こちらの記事もどうぞ

MountainLionにTwitterが統合されていた!使い勝手はどうなんだろ? – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

【OSX】右クリックで簡単に新規フォルダを作成。アニメーションが楽しい! – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

 

 

 

 Leave a Reply

(必須)

(必須)