2月 052013
 

iPhoneでQRコードを読み取るシンプルな無料アプリ3選!目的別にどうぞ。

20130205_01.png

こんにちは。@PLATZです。

日本の自動車部品メーカーデンソーが開発し、日本だけでなく今や世界でも普及している「QRコード」

あの四角の中にかなりの情報を格納できるのですから、凄いですよね。

所謂ガラケーのほとんどの機種では標準でQRコードの読み取りに対応してますが、iPhoneでQRコードを読み取るためには専用のアプリをダウンロードすれば使うことができます。

そこで今回は、数あるQRコードリーダーの中から無料でオススメの3点を紹介したいと思います。

シンプル!「お父さんQR」

20130205_02.png

まずは、これから。

SoftBankの白戸家のお父さんがQRコードを読み取ってくれます。

20130205_04.jpg

何しろ、シンプル

ただ単にQRコードを読み取る目的のみであれば、これで充分でしょう。

アプリのアイコンも可愛いですしね!

ただ、QRコードを読み取った後に「URLをSafariで開く」というワンアクションが、少し煩わしいかもしれません。

あと、広告も……。

無料
(2013.02.05時点)
posted with ポチレバ

バーコードも読み取れる「SCAN」

20130205_03.jpeg

こちらはURLの情報を含んだQRコードを読み込むと、自動でSafariで開いてくれます。

20130205_05.jpg

そしてこのアプリは、バーコードにも対応。

読み取りが完了すると、「Amazon」「Google」を選んで検索できます。

こちらはGoogleを選んだ結果です。

20130205_08.jpg

これが意外と便利

意味もなく身の回りのモノを試したくなりますよ。

ちなみに、iPhoneの中にある写真スクリーンショットからの読み込みにも対応しています。

とりあえずQRコードの写真だけを撮って後で見るのに便利ですね。

無料
(2013.02.05時点)
posted with ポチレバ

QRコードの作成もできる「QRコードリーダ」

20130205_06.jpeg

何しろ、多機能です。

QRコードだけでなくバーコードも読み取れ、iPhoneの「写真」からも読み込めます。

20130205_07.jpg

そしてこのアプリのユニークな点は、自分でQRコードも作れてしまう事でしょう。

URLやメールアドレス、TwitterやFacebookなど、25種類ものQRコードを簡単に作れてしまいます。

20130205_09.jpg

赤外線通信のないiPhoneで、アドレスや電話番号の交換をする時などに便利ですね。

無料
(2013.02.05時点)
posted with ポチレバ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フラッシュ機能履歴機能はどのアプリにもあり、読み取りの速さ正確もどれも申し分ありません。

あとはアイコンの好みや必要な機能で選べば良いと思います。

どれも無料ですので、ひと通りダウンロードしてみてお気に入りのものを見つけてみてください。

ちなみに、トップ画像はこのブログのアドレス(hrrp://platz-hp.net)です。

試しにiPhoneのQRコードアプリで読み込んでみましょう〜!

20130205_10.png

Twitter(@platz)もやってますよ〜!(笑)

こちらの記事もどうぞ

iPhoneが自転して動画を撮影するアプリ「Cycloramic」がバージョンアップ!写真モードも搭載! – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

「Riven(日本語版)』のiPhone版がリリース!シリーズ未体験の方、まずは「Myst」から。 – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

 

 Leave a Reply

(必須)

(必須)