10月 012014
 

【レビュー】iPhone 6 Plus 128GB シルバーを一週間使ってみての使用感


IMG_1778

iPhone大好き@PLATZです。

iPhone 6 Plus を手にしてから一週間が経ちました。
今回はこの一週間、朝から晩まで使い倒してみての使用感をレビューしたいと思います。

ちなみに、こちら。

iphone6p-silver-select-2014_GEO_JP

Apple – iPhone 6

iPhone 6 Plus 128GB。
色はシルバーです。

やっぱりデカい!

実物を手にする前に1万円札を眺めたり、実物大のペーパークラフトをプリントアウトしてみたりと、その大きさを確認してました。

しかし実際に目にしてみると、5.5インチディスプレイは思っていたよりはるかに大きく感じますねぇ。
届いた時には、そのあまりの大きさにしばらく笑いが止まりませんでした。

あ、これってiMac 27インチが部屋に来た時と同じですね。
あの時も机の上に設置して、その大きさに爆笑してしまいましたから。

発売前は「ジーンズのポケットに入らない」などと言われていましたが、細身のジーンズの前ポケットにもしっかり収まります
ゆったりとしたズボンのポケットなら問題なく持ち運べそうです。

しかし、そのまま座るのはやめたほうが良いでしょうね。
というか、非常に座りにくいですけど……。

そしてちょっと重い

「思ったよりも軽い」というレビューもよく見かけましたが、やっぱり重いですよ。

薄くて背面がサラサラなので、ちゃんと持っていないと落としそうになります。
何度かヒヤリとした思いもしました。

これはケースやカバーは必須ですね。

だいぶ前に赤いカバーを注文したのですが、未だに届いていません。
かなりの人気で生産が追いつかないのかもしれませんね。

片手で長時間持つのは、ちょっと辛いかもしれません。

布団の中でiPhoneをいじる時、片手じゃ辛いです。
満員電車の中でも片手では辛いのじゃないでしょうか。

写真が綺麗!

大画面で1080p の美しいディスプレイなので、写真を見るのがより一層楽しくなります。

YouTube  などの動画の視聴では、画面が大きくなった分だけ迫力が増しますよ。
僕はほとんどしないのですが、ゲームでよく遊ぶ人は楽しいでしょうね。

情報量が多くなった!

画面が大きくなって高精細になったので、表示される情報量が増えてます。

ただし、アップル製アプリ以外で高解像度に対応したものは、現状ではそれほど多くはないですね。
アプリが対応していないと「らくらくスマホ」のように文字が大きいので、ちょっと間抜けです。
お歳を召した方には見やすいのかもしれませんが……。

これからアプリの対応がどんどん進んでいくといいんですけどね。
4Sから5になった時のように縦横比が変わったわけではないので、そのまま放置というソフトメーカーも多いような……。

撮影が楽しくなる!

ピント調節の早さ光学手ブレ補正は本当にすごい!

動画のスローモーション撮影とかもとても楽しいです。

画面が大きいので、被写体の細かいところも見やすいです。

多少暗いところでも比較的ブレずに撮れるので、暗闇での撮影に強くなった気がします。

僕はInstagramが大好きなのですが、今まで以上に写真を撮るのが楽しくなっています。

バッテリーがもつ!

丸2年使っていたiPhone 5 との比較なのでフェアではありませんが、確実にバッテリーがもつようになりました。

普通の使い方をしていれば2日は余裕じゃないでしょうか。

「簡易アクセス」は微妙

ホームボタンをすばやく2回タップすると、ディスプレイ上部に表示されているすべてのコンテンツが下に降りてくる「簡易アクセス」ですが、正直微妙です。

その大きさから両手で使うことが多くなるので、あまり実用的ではないですね。
ほとんど使いません。

128GBもいるのか

正直、64GB で良かったかも……って感じです。

僕は iTunes Match を利用しているので、iPhone に楽曲を入れておく必要がないのですよ。
以前は手持ちすべての楽曲が iPhone に収まらなくて、外出時はiPod Classic も一緒に連れ出していたのですが、今ではiPhoneの中に音楽はほとんど入れてません。

なので、今現在はiPhoneの中はスッカラカンでございます。

まぁ、iPhone 6 Plus はビデオ撮影も楽しいですし、これからドンドン中身が埋まっていくのではないかと……。
余裕があるってのは、いいことだよね?そうだよね?

iTunes Matchを利用している人は、64GBで充分だと思いますよ~!

iTunes Match に関しては、以下の記事をどうぞ。

iTunes Matchがようやく日本でも登場!登録するか否か、メリットとデメリットを上げてみた。 | Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

まとめ

今までのiPhoneとは全く違うデバイスと思ったほうがいいです。
電話機能がついた小さな iPad って感じでしょうか。

これまでの iPhone の感覚で持ち歩くのはまず無理です。
サッと出して片手でサッと入力という感じにはいきません。

そのせいか、以前ほど気軽にiPhoneをチェックする事は減りましたね。
これは逆にいい傾向なのではないでしょうか。
もう、中毒のようにiPhoneをチェックしてましたから。

しかし、一度広い画面に慣れるともう狭い画面では使えなくなります。
職場のおじさまが iPhone 6 を手に入れたので見せてもらったのですが、とても小さく感じました。

正直、もしノーマルの iPhone 6 を購入してから iPhone 6 Plus を見たら、「そんなバカでかくて不便そうなのいらねぇよ!」と思ったかもしれません。
しかし!iPhone 6 Plus を一週間ほど使った今となっては、もう「6」には戻れません……。

今までの iPhone の使い勝手を気に入ってるのであれば、iPhone 6 をおすすめしますけどね。

どちらにするか迷っているなら、やはり一度お店に足を運んで持ち比べてみましょう。
想像とはまた違う印象を受けるかもしれません。

以上、簡単な感想を並べてみました。

今後、また何か気づいたことがあれば、記事にしてみたいと思います。

 Leave a Reply

(必須)

(必須)