1月 082020
 

 

 

 

すっかり一年に一度の更新になってしまいました。
新年、あけましておめでとうございます。
@PLATZです。

 

毎年恒例、新年に昨年一年間で聴いた邦楽アルバムまたはシングルから、お気に入りの10枚を選んでますが、今年も絞りきれず12枚を選びました。

どれもオススメなので、是非YouTube等を参考にして、お気に入りの一枚を見つけてください!

順位はとてもつけれないので、ABC・あいうえお順となっています。

 

ちなみに昨年2019年正月に選んだ、2018年のベスト10はこちらから。

 

 

では、早速まいりましょう!

 

 

THE CHARM PARK「Standing Tall」

Standing Tall

 

今年ブレイクしたと言ってもいいでしょう。
THE CHARM PARKです。

2年前にも選出させていただいたのですが、パワーアップしてます!
曲良し!ギター良し!歌良し!ルックスはアジカンのゴッチ似です(笑)

僕がギターをやっているということで、特にギターソロが痺れます。
さすが、バークリー音楽大学ギター専攻です。

 

THE CHARM PARK / 花が咲く道 [Official Music Video]

 

 

ストアで探す

 

 

 

Kaede「深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。」

深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。

 

Negiccoのメンバー、Kaedeちゃん、満を持してのファースト・ミニアルバムです。

櫛引彩香、吉田一郎不可触世界、advantage Lucy、染谷大陽(Lamp)、曽我部恵一、台風クラブ、山崎ゆかり(空気公団)が参加。

特に、シングルカットされた「クラウドナイン」が最高なので、是非聴いてみてください!

 

 

Kaede(Negicco)「クラウドナイン」(作詞・作曲・編曲 佐藤優介)

 

 

ストアで探す

 

 

 

King Gnu「Sympa」

Sympa

 

去年大ブレイクしたバンドと言えば、Official髭男dismと、このKing Gnuで間違いないでしょう。
二組とも紅白歌合戦に出場してましたしね。
見てませんが……。

初めてライブ映像を見た時は衝撃的でした。
粗暴なルックスながら知的な音楽性。
フロントの2人が芸大出身と聞いてなるほどと思いました。
独特なツインボーカルが病みつきになります。

シングルの「白日」も良かったのですが、ここではアルバム収録曲の「Slumberland」をどうぞ。

 

 

King Gnu – Slumberland

 

 

ストアで探す

 

 

 

WHY@DOLL「@LBUM 〜Selection 2014-2019〜」

@LBUM ~Selection 2014-2019~

 

惜しくも昨年11月で活動終了してしまった、WHY@DOLL。
そのラストアルバムです。

意外と少ない、奇をてらわない正統派アイドルとして応援していたのですが、残念です。

ラストステージのアンコールで最後に歌われた曲「ケ・セ・ラ・セラ」をどうぞ。
明日は明日の風が吹く!
今まで、ありがと〜〜!

 

 

WHY@DOLL「ケ・セラ・セラ」MV

 

 

ストアで探す

 

 

 

杏沙子「ファーストフライト」

ファーストフライト【初回限定盤】(CD+DVD)

 

イントロから最高!

ファースト・フルアルバム収録の「恋の予防接種」のミュージックビデオを見て、曲もいいし可愛いし、注目していたのですが、このファーストシングルはそれを上回る神曲!

自作曲じゃないのが残念なのですが、杏沙子ちゃんはもっともっとできるコなので、これからも期待です!

ルックスも抜群なので、なにかきっかけがあれば大ブレイクするんじゃないかと……。

 

 

杏沙子「ファーストフライト」Music Video フルバージョン

 

 

ストアで探す

 

 

 

大石晴子「賛美」

賛美

 

YouTubeの「おすすめ」で初見。
一発で心を持って行かれました。

70年代女性シンガーソングライターの懐かしさを持ちながら、決して古くない曲と歌声、そしてアレンジ。

全5曲なので、ちょっと物足りないです。
次回は是非、フルアルバムを!

 

 

大石晴子「浜辺」@りんご音楽祭2018

 

 

ストアで探す

賛美
賛美
posted with amazlet at 20.01.04
大石晴子 (2019-08-07)
売り上げランキング: 129,123

 

 

 

岡村靖幸さらにライムスター「マクガフィン」

マクガフィン

 

最高のコラボレーションが誕生!
「岡村靖幸さらにライムスター」って名前、メチャカッコいいよね?

クレイジーケンバンド、KIRINJI、SCOOBIE DOなど、ライムスターとコラボした曲は全部カッコよかったけど、これが最高!
ミュージックビデオは初お披露目の様子らしいんだけど、その熱狂ぶりたるや!

この完成度は、どちらのファンも大満足なんじゃないでしょうか?
デビュー当時からのベイベ(岡村靖幸ファンの愛称)の僕も、大満足です!

 

 

岡村靖幸さらにライムスター「マクガフィン」

 

 

ストアで探す

マクガフィン
マクガフィン
posted with amazlet at 20.01.05
V4 Record (2019-11-27)
売り上げランキング: 1,173

 

 

 

さとうもか「Merry go round」

メリーゴーランド

 

ファーストフルアルバム「ルークウォーム」も最高に良かった、さとうもかのセカンドフルアルバムです。

ピアノやギターの弾き語りからビート・ミュージックまで、自然に自由に盛り込んだ、素敵な曲たち。

とてもバラエティに富んでいてポップで自由で、まさに遊園地!

そしてまた、詞もイイんだよなぁ。
そんな事をオッサンが言うのは恥ずかしいのだけれど……。

 

さとうもか「Loop with Tomggg」/ SATO MOKA 「Loop with Tomggg」

 

 

ストアで探す

 

 

 

フィロソフィーのダンス「エクセルシオール」

エクセルシオール 【通常盤】

 

いよいよ今年ブレイクか!という雰囲気が感じられる、フィロソフィーのダンス。
サードアルバムもカッコよかったです。

今回のアルバムはソウル、ファンクのみならず、R&Bやシティミュージック、ハウスまで飲み込んだ幅広い音楽性で、以前にもまして逞しくなっています。

そこに乗っかる4人のボーカルが、それぞれ個性あって面白いよね。

 

フィロソフィーのダンス/ヒューリスティック・シティ、ミュージック・ビデオ

 

 

ストアで探す

 

 

 

山崎ゆかり「風の中にうたう」

風の中にうたう

 

今現在は山崎ゆかりさんのソロユニットとなってしまった空気公団。

まさか、ソロ名義でのアルバムを出すとは!
しかも、作曲は他のアーティストにほぼ任せて、自身は作詞と歌に専念とは!

空気公団とは一味違う、でもとても心地よいアルバムになってます。

 

山崎ゆかり 1stアルバム "風の中にうたう" (Official Teaser)

 

 

ストアで探す

 

 

 

弓木トイ「みんなおもちゃになりたいのさ」

みんなおもちゃになりたいのさ(特典なし)

 

現在はKIRINJIのギター、ボーカルとして認知されている、弓木英梨乃さん。
ソロプロジェクトとしての「弓木トイ」として、ファーストアルバムをリリース。

のん、吉澤嘉代子、土岐麻子、秦 基博、Base Ball Bearといったアーティストのサポートギタリストとしても活動しているだけあって、ギターがうまいのはもちろん、歌も曲も良かった!

バラエティに富んだアルバムです。
YouTubeでは全曲フルで聴けるので、是非どうぞ!

 

 

弓木トイ – みんなおもちゃになりたいのさ(Full Album)

 

 

ストアで探す

 

 

 

ルルルルズ「僕らの生まれた町」

僕らの生まれた町

 

約2年ぶりのルルルルズの新譜です。

今回のアルバムは、ホーンセクションをフィーチャーしていて、それがとても心地良いです。

それにしても、やっぱり、モミさんの声は落ち着くなぁ。

 

ルルルルズ「わたしからあなたへ」MV

 

 

ストアで探す

 

 

 

まとめ

去年も素敵な曲たちに、たくさん出会えました。
比率としては、やっぱり女性が多く、男性ボーカルのバンドがないのがここ数年の傾向ですね。

毎年、年末になるとその年によく聴いたアルバム等を振り返ってるのですが、今年は特に難しかった!
正直、20枚にしようかと思ったくらいです。

サカナクションとか、小沢健二とか、長谷川白紙とか、VIDEOTAPEMUSICとか、Maison book girlとか、竹内アンナとか、でんぱ組.Incとか、CRCK/LCKSとかね。
それほど大漁の年だったのですよ。

 

そしてここで、重大なことに気づきました!!
なんと去年一年間、一枚もCDを買ってない!!!
すべて、iTunesです!!!!

物心ついて音楽を大好きになってから、こんな日が来るとは!!!!

最後に買ったのは、2018年11月7日リリースの吉澤嘉代子の「女優姉妹」です。
それも、初回限定でライブDVDが付いているからでした。

CDはすっかりそういうアイテムになっちゃいましたねぇ。
ブックレットで歌詞や参加ミュージシャンやライナーノーツを見るのは楽しいのですが……。

近い将来、レコードは残っても、CDはなくなっちゃうでしょうね。

Apple Music等のサブスクリプションへの登録も考えなくはないのですが、まだまだ自分が好きなミュージシャンが参加してない事が多く、躊躇しています。

そして、手元に音源がないというのが、何だか不安で……。
最近の例だと、ピエール瀧氏の例の事件の影響で、電気グルーヴの楽曲が音楽サブスクリプションサービスで聞けなくなるという……なんて事もありましたしね。

 

話はそれましたが、聴く形は様々でも、音楽はこれらも僕たちを楽しませてくれます!
では、また来年!

 

 

 

 Leave a Reply

(必須)

(必須)