12月 242012
 

僕が所有した歴代のMacを振り返ってみよう!【その1】Power Macintosh G3 MT300

20121224_00.jpeg

こんにちは。@PLATZです。

部屋も片付けて、新型iMac 27インチの到着を今か今かと待ちわびています。

これから何回かに分けて、僕が今まで所有してきたMacを紹介したいと思います。

第1回目の今回は、初めて買ったこちらです。

Power Macintosh G3 MT 300

20121224_01.jpeg

確か、1998年の10月頃だったと思います。

通称「Gossamar G3」。

Wikipediaによると、「これまでの独自の機能を満載した高機能路線を変更し、PC/AT互換機で広く普及している技術を採り入れることによって開発費の圧縮、ロジックボードの小型化、高性能化、更には低価格化に成功した。」とありますが、確か、30万円以上もしたのを覚えています。
それにメモリーも増設したので、プラス何万もかかったような……。

当時、どれだけパソコンが、いや、アップル製品が高かったのかがわかると思います。
しかも、キーボードは別売りなのですよ。

Appleのサイトにカタログが置いてありました。

標準搭載メモリーが、64MB
メガですよ、メガ!

標準搭載ハードディスク容量が、8GB
少なっ!
仕事で使っているとすぐにいっぱいになってしまうので、外付けのハーディディスクは必須でした。
しかし、これも高かった!
今なら8GBのUSBメモリーが500円くらいで買えちゃいますからね。
iPod nanoだって、16GBもあります。
笑っちゃいますよ。

 

ちなみに、ディスクドライブはCD-ROM(読み込み専用、焼けません)、フロッピーディスク(懐かしい!)、そしてZipです。
Zipは当時アメリカでは主流の外部記憶ディスクだったのですが、日本ではまったく普及せず、ほとんど使いませんでしたね。

当時はもちろん、WiFiやUSBなんて規格はありません。
インターネットはもちろん有線で、諸々繋げるのもゴツいケーブルを使っていました。
プリンターや外付けのハードディスクやネットワークやサウンドやモニターや、それぞれがまったく違う規格だったので、ケーブル一本買うのも結構お金がかかりましたねぇ。

OSはMac OS 8.1。
今のOSXが登場するずっと前です。

SONY CPD-21GS2

もちろんモニターも別売りで、Sonyのこちらを一緒に買いました。

20121224_02.gif

21型トリニトロン管搭載、周りのデザイナーはみんなSONYのモニターを使ってたので、迷うことなく決めました。

で、こちらも確か、20万円以上したと思います。

当時はこれでも大画面だ!作業が捗るぜ〜!とか思っていたのですよ。

机の上がモニターだけで埋まったしまったのを思い出します。

まとめ

Mac本体とモニターの他に、外付けのハードディスクやエプソンのプリンタースキャナーも買いました。

プリンターは、「DTPをやるならやっぱりA3以上出せなきゃ!」って事で、A3ノビ対応のものを買いました。
これも確か、10万円以上したような……。
結局、A3サイズを出す機会などほとんどなく、宝の持ち腐れでしたね。

スキャナーも当時は高くて、5万円くらいしたと思います。
こちらも、ほとんど使わなかった……。

何やかんやと、トータルで80万円弱
一体、どこのそんなお金があったんだか(笑)
気合入ってたんでしょうねぇ。
Appleの魅力、恐るべし!ですよ。
今のスタイリッシュなAppleの製品と比較すると、ベージュで野暮ったい感じですが、これでもWindowsマシンよりはカッコ良かったのですよ。
まぁ、当時はデザインの仕事をするには、Apple一択でしたしね。

あ、そうそう。
ちなみに当時乗っていたクルマが、中古で15万円でした。
お金の使い方が間違っているような気がする!

で、その数年後、新しいMacを買う事になったので、これらの機材は当時勤めていた会社に買い取ってもらいました。
「データサーバに使いましょう!」等とうまい事を言って……。
それから数年も故障もせずに元気に働いてくれました。

いやぁ、さらっと紹介するつもりが、色々な事を調べたり思い出したりして、長々と語ってしまいました。

次回は、PowerBook G4です。
お楽しみに〜♪

【その2】は、こちらからどうぞ。

僕が所有した歴代のMacを振り返ってみよう!【その2】PowerBook G4 17インチ – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

 

 

 Posted by at 2:54 PM  タグ:

 Leave a Reply

(必須)

(必須)