1月 052013
 

僕が所有した歴代のMacを振り返ってみよう!【その2】PowerBook G4 17インチ

20130105_01.jpg

こんにちは。@PLATZです。

前回は、僕は初めて買ったMacという事で、「Power Macintosh G3 MT300」とモニター等について紹介しました。

僕が所有した歴代のMacを振り返ってみよう!【その1】Power Macintosh G3 MT300 – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ
Power Macintosh G3 MT300 …

第2回目の今回は、2台目に買ったこちらです。

PowerBook G4 17インチ

20130105_02.jpeg

2003年の1月頃の購入だったと思います。

新宿の家電量販店で購入し、電車内で注目を一身に浴びたのを覚えています。

必死に冷静を保ちながらも、内心ヘラヘラしてましたねぇ。

Appleにプレスリリースがありました。

PowerBookという名称の最後のシリーズで、初めてのアルミニウム製ボディ。

そして何といっても、世界初の17インチノートブック。

ちなみに、価格は、41万9,800円でした。

初めて買ったPower Macintosh G3 MT300とモニターを合わせた価格よりは安いとはいえ、今から思えばよく買ったなと……。

当時としては、画面の大きさと反比例したその軽さ薄さに驚いたものです。

それまでは前回紹介したようにデスクトップとブラウン管の組み合わせでMacを使っていたので、机周りを占める割り合いが半端なかったです。

ノートブックは前から憧れてはいたのですが、DTPなどの仕事をするには当時主流だった15インチのモニターでは手狭で、仕事にならないと思っていました。

そこで登場したのが、このPowerBook G4 17インチです。

ノートブックでありながら広大なモニター、そしてそれまでの少し野暮ったいデザインから今のMacBookに継承されるシンプルなデザインに切り替わり、「これしかない!」と思いました。

これなら自室にこもらなくてもいろんな部屋で仕事やネットができるし、車移動がメインの僕であればいつでも外に持ち出せると思ったのです。

結局、外に持ち出すどころか、他の部屋に持って行く事さえほとんどありませんでしたけどね……。

当時感じた主な魅力

筐体にアルミニュウムを採用、17インチのモニターなど、「初」という言葉がたくさんついていたのもこのマシンの特徴でした。

他にも僕が魅力を感じた点をいくつか上げます。

DVD-R & CD-R/RW SuperDriveを内蔵

20130105_07.jpeg

当時ビデオ編集とかにも興味があったので、これでようやくビデオをDVDに焼くことができるようになりました。

センサー内蔵のバックライトキーボード

20130105_03.jpeg

これはカッコ良かった!

でもまぁ、暗い中でプレゼンなどの仕事をするわけではないんでね。

無理に部屋を暗くして、バックライトを楽しんでいたりしましたよ。

FireWire 800を搭載

20130105_04.jpeg

今となっては、懐かしい規格ですね。

でも確かにデータの転送速度は当時としてはメチャ早かったです。

Lacieのハードディスクを繋げていました。

無線LANカード内蔵

20130105_05.jpeg

当時は「WiFi」なんて言葉があったかどうかわかりませんが、パソコン本体からケーブルが一本でも不要になるのはありがたかったです。

ほぼ固定で使っていたので、LANケーブルを繋げた方が速かったのですが……。

OSXが使える

20130105_06.png

この頃、周りではOSXが普及し始め、当時使っていたPower Macintosh G3 MT300では非力でまともに動きませんでした。

MacBook G4 17インチはデフォルトでOSXが起ち上がり、以前のOS9も色々と制約はありましたが「Classic」という名で何とか使うことができました。

まとめ

非常にスタイリッシュで故障など一度もなく優秀なマシンだったのですが、いかんせんやっぱり17インチではDTPの仕事をするには窮屈でした。

トラックパッドも慣れる事ができずに、結局はマウスを繋げていましたし。

それと、両側の側面に電源ケーブルやらUSBのケーブルやらFireWireのケーブルやらが伸びるため、以外にもスペースをとる事も盲点でした。

バッテリーのもちもイマイチで、外に持ち出して使うのは現実的ではありませんでしたね。

いくつか難点も上げましたが、しかし!このマシンは今でも母親の元で現役です!

丸10年特に何の問題もなく使えているというのは、本当に驚くべき事だと思うのですよ。

デザインも今見ても古さをまったく感じさせませし、ピカピカのまま働き続けています。

40万以上払った分の元は十分取れているのではないでしょうか?

さすがにバッテリーはヘタっていて、電源アダプターは繋げっぱなしでなければ使えませんけど。

自分で使ったのは3年ほどなのですが非常に愛着があるので、この先起動しなくなっても手元に置いておきたいと思っています。

次回は、iMac(intel)20インチ:2.4GHz です。

お楽しみに〜♪

こちらの記事もどうぞ

僕が所有した歴代のMacを振り返ってみよう!【その1】Power Macintosh G3 MT300 – Hello! PLATZ ハロー!プラッツ

 

 

 Leave a Reply

(必須)

(必須)