5月 222013
 
建物

世界で唯一冷凍のシーラカンスが見れる沼津港深海水族館に行ってきたよ


建物

 水族館、大好き!@PLATZです。

先日、よく晴れた日に東名高速道路を使って、沼津港にある「沼津港深海水族館」に行ってきました。

 

沼津港深海水族館

 

沼津港深海水族館

日本一深い駿河湾の深海と、3億5千万年前から深海で生き続けていた深海の生きた化石シーラカンスを目玉とした水族館。静岡には最深部 2,500m の駿河湾があり深海生物の宝庫で、また沼津港を地元が自慢できる港にしたいとの思いから、地元の水産会社が約6億円かけて2011年に沼津港に創設。またシーラカンス5体を数億円で購入。1階が深海をテーマにした水族館であり、2階は博物館「シーラカンスミュージアム」が設置され、同年12月のオープン時に深海魚50種をはじめとする300種3,000匹で開設された。

沼津港深海水族館 – Wikipedia

早速、入場してみましょう!

1F 深海の生物

説明

1階は深海をテーマにした水族館です。

日本一深い駿河湾。

その深さは最深部で2,500mあるといいます。

そこには様々な深海生物が生息し、もしかしたらシーラカンスも……なんて話もあるくらいです。

 ダイオウグソクムシ

入場すると、まずダイオウグソクムシが展示されています。

等脚類としては世界最大で、「海の掃除屋」と呼ばれているそうです。

タカアシガニ

世界最大のカニ、タカアシガニ

足を広げると、3mにもなるそうです。

こちらは「生きている化石」と呼ばれています。

やっぱり、うまそう……と思ってしまいますよね(笑)

説明

この他にも、浅い海と深い海の生物の違いなどが展示されていました。

2F シーラカンスミュージアム

シーラ爺

マスコットキャラクターの「シーラ爺」がお出迎え。

 20130522_00

シーラカンスが捕獲調査された、アメリカ南東部コモロ諸島のベースキャンプが再現されていました。

魚拓

シーラカンスの魚拓です。

シーラカンス

シーラカンスの剥製

シーラカンス

そしてこちらが、冷凍保存されたシーラカンスです。

ぬいぐるみ

何とこのシーラカンス、卵を胎内で孵化させてから子どもを産むそうです。

ちなみにこれは、ぬいぐるみでできた見本です。

ここでは逆に、哺乳類なのに卵を産むハリネズミも展示されていました。

まとめ

チケット

大人の入場料金が1,600円の割には館内もあまり大きく展示物も少なめです。

しかし、世界で唯一シーラカンスの冷凍標本が見られるので、行って損はないでしょう。

近くの沼津港でおいしいモノも食べられますしね。

その報告は次回……。

ちなみに営業時間は10:00から18:00、年中無休です。

車でも電車でも交通の便は良いので、是非どうぞ!

 

 Leave a Reply

(必須)

(必須)